音楽ダウンロード

2010年09月26日

隣の家の少女



ジャック•ケッチャムです。

名前だけは知っていたのですが、
初めて読みました。

まあ
アマゾンのレヴューでも盛大に書かれていますので、どんな作品か、を詳しく知りたい方はそちらを覗いてみてください。

これの映画化作品が最近DVDになってTSUTAYAのたなに並んでいたのをみて、
借りようかな、と思ったら全巻貸出中だったので、原作の方を読もうか、と。


そんな流れで読んだんですけど、

ページを開いた途端から
まさに一気読み、でした。

こう言う読書体験は久しぶりです。

そういう意味じゃ
アマゾンのレヴューに盛大に書かれている通りの“傑作”です。

しかし、
はっきり言うとこれは『呪い』です。

読後『呪い』をかけられる小説です。

呪い、というが、それは一体何だ、と思われるでしょうから、それを今から説明します。


私は
読後数日間、
この小説の、あるシーンで、
女の子が主人公の方を向き、目を合わせるくだりがあるのですが
(既読の方はおわかりでしょう?あのシーンですよ)
その映像が頭から離れなかったのです。


コンビニで買い物をしているときでも
その辺をぶらついている時でも
時を選ばず、その映像が甦る。

これは『呪い』ですよ。

今、これを書いているのは、
読後3日経ってようやく「呪い」がとけかかってきてくれているからで、
「呪い」の真っ最中のときは、何に対しても無気力で、
この世界の
ダークサイドで起こっている事に対して
何ひとつ出来ぬ自分にひたすら無力感を感じ、
こんな駄文を書くなんてとても出来なかったですね。

まあ、
そんな経験がしてみたい方は読んでみてください。
仕事でミスが増えることを覚悟して。


ただ、
いろいろ評価はあるでしょうが、
この作品は、全ての説明が作品の中でなされている、という点で確かに傑作です。

なぜ、このような事態が起こるのかを、
きちんと過不足なく説明しています。
それがなければおそらくここまで生き残る小説にはならなかったでしょう。

あなたがある程度の経験を積んだ大人なら
この小説の語り手と同じくらいの年齢なら
読むとすべてが判る。
おそろしいほどに判ってしまうのです。
底知れぬ悪行が一体どこから生まれてくるのか、が。

しかし判ってしまったら最後、
共犯者の一人として十字架を背負う羽目になる。

そういう恐ろしい小説です。









ラベル:隣の家の少女
posted by となーす at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント