音楽ダウンロード

2014年02月26日

ダラス・バイヤーズクラブ



いいっすねー
ほんと
こういうアメリカ映画がみたかった

これも「モテキ」と同じく“男”を定義しなおした映画で
広義の「タフネス」を描く主演のマコノヒ―が素晴らしい

じつはこの映画で一番の見所が
彼を含めた俳優陣のお芝居、というところがこの作品の美点で

なんというか観客に媚びた芝居をしないところ、なのである
簡単にいうと芝居が説明的でないのである

映画の中の芝居、というのは進化しているんだな、と改めて思ったし
俳優としてこういう映画の主演をやる、というのは何物にも代えがたい体験だろうな、とちょっと羨ましく思った

ともかく
ひさしぶりにアメリカ映画の名品を観た、という充実感とともに劇場を後にできた

そう
いいアメリカ映画というのは
世間との戦い方を教えてくれる

本当の意味での“生”の尊厳を描いてくれる


はい
これも傑作!!
posted by となーす at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

はじまりのみち



こまったもんやなー
わたし、こういうの嫌い

「風立ちぬ」と同じ病気。

死んだ人を使って
自分の話、すんなってw

感動ポイントが
観てるこっちとズレズレにずれてる

自分が言われて嬉しいセリフを俳優を変えて何度も言わせまくるので
観てるこっちが気恥ずかしくなる

こういうの作っても映画館は閑古鳥のままですぜ

とかなんとか思いながら観てました、終盤まで。
【送料無料】はじまりのみち [ 加瀬亮 ]

【送料無料】はじまりのみち [ 加瀬亮 ]
価格:3,884円(税込、送料込)



フィクション部分が終わってから
最後10分、モデルとなる木下恵介の全作品が時系列でダイジェストで観られるのだが
いやしかしこれが凄かった

それぞれの映画のダイナミックな画作りや
断片から想像される映画作りへの情熱がビシビシ伝わって来て半端ない


原監督によるフィクション部分が描いたのは
本当にただの最初の一歩の部分なのであったということがわかる

素晴らしいいじゃあないか
この構成!

一人の人間の想像力が大きくほとばしる様を体感できる

評伝と言ってもいい映画だが見事にその役割を果たしている
木下恵介の映画を一本丸ごと観たくなるのはもちろんだが
映画館のスクリーンで観たい!と思わせるのだから尚恐れ入る


posted by となーす at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

モテキ

【送料無料】モテキ [ 森山未來 ]

【送料無料】モテキ [ 森山未來 ]
価格:3,744円(税込、送料込)




いやー
おもろい

見かけと違って
実にコンセプチュアルな作品でした


これを作った人は
観客と映画の関係を再構築しようと試みている

過去の名作へのオマージュだなんだ、と
映画ヲタの作る映画に飽きた私には
「横道世之介」や「R100」など
映画の“機能”を問い直すような作品が増えてきて嬉しい限り


同時にこの作品は
主人公の男性一人に対して複数の女性の視線が描かれる、という
男性の“機能”をめぐる物語でもあるのだ

これを書いている時点でまだ
映画は半分ほどしか観てないが充分に傑作

森山未来ってw
たまに鈴木拓そっくりの顔になるね

そういうのも含めておすすめです


posted by となーす at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント