音楽ダウンロード

2015年06月24日

ルーシー


リュックベッソン監督作である

グランブルーやレオンなど代表作も多いのに、最近はカリスマ監督のオーラがなくて寂しい感じがしますね笑
どの辺でつまずいたんだろうこの人

この人の映画で特に思い入れがある作品というのは正直ありません
だから今作もだいぶ舐めきって見始めました

でも話運びが上手い
特に映画始まってすぐの辺りは唸りましたね

描写を省略する気持ち良さ、が映画への集中力を高めたかと思えば、続く外国人マフィアと主人公の絡みのシーンでは言葉が通じないもどかしさで緊張感を高める

こういう映画やドラマにありきたりなシチュエーションをキチンと緩急つけられて楽しませてもらえると嬉しくなります

物語の内容についても、この人らしい、人間の能力の限界を推し進めるグランブルー的なところがあり、観る人の興味を自然に引っ張る
割と短い映画なのに観終わってみるとちゃんとお腹いっぱいで食い足りないとこがない、というのはやはり職人として優秀だってことだと思います


posted by となーす at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他外国映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント