音楽ダウンロード

2015年10月26日

不意打ち

町山さんの「トラウマ映画館」に紹介されていた一本

冒頭の方で
主人公の富裕層おばさんが軍需産業の株で儲けている的なことをちょっと言う。
その一言が最後まで効きまくっている。

有閑婦人と職のない若者とが一つ屋根の下で罵り合う

まさに、テレビや映画の観客の大部分がこの層だ笑

町山さんのポッドキャスト音源を聴くと、作り手たちのキャリアで代表作は
これ一本だけだそうだが、こういうほぼ全部に目の行き届いた傑作を作ったひとは二本目が出来ないんだなあ、と思った


不意打ち 【DVD】

不意打ち 【DVD】
価格:1,029円(税込、送料別)


posted by となーす at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイレント・パートナー

確かこの当時、カナダが国策で映画制作を助成していた、とかでアメリカの映画人が流入して何作か作られた中の一本。
だったような笑

うろ覚えです笑

とにかく長年観たかった映画、傑作との評価も轟きまくっている

以下感想だが

観ているとだんだん主人公エリオットグールドの顔が大泉洋に重なってくる
今、大泉洋でこれのリメイクをやっても大成功するんじゃないだろうか

とにかく、登場人物たちが得体が知れなくて面白い

表面で話していることの裏では別のことを考えている
サンタの格好しているやつが強盗を企んでいることに主人公が気づく発端から
表面で話していることの読み合いが最後まで続く

一番凶暴と思われた犯人役がラストでは一番の被害者に見えてくるラストが絶品。

まあ、リメイクして欲しいですね
北海道を舞台に大泉洋主演で、
犯人役はそうだな、明石家さんまかな笑


posted by となーす at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他外国映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント