音楽ダウンロード

2017年05月17日

FAKE

この映画の評判のおかげで本家の「オーソンウェルズのフェイク」もDVDが再発されるみたいだ。ありがたい

私は一連の騒動をほぼ知らない状態で観た。
まあ、だから普通に良くまとまったドキュメンタリーだ、と。
世間からバッシングを食らった男がつましく暮らしをながら、再スタートを切る話。

ラスト20分で靴下が、とか、えらく煽られてましたが、さっぱり意味がわからなかった。

ただ、あの曲、えらくスケールがでけえな、と若干の違和感を感じたくらい。
この人の心の叫びを曲で聴ける、と思って待ち構えていたら、イメージと違う荘厳な“宇宙創造”みたいな曲が流れてきた。
この映画を締めくくる劇伴には全くそぐわない曲だった。
その後にやってくるのが呆気に取られるあのラストだ。


何か違和感はあるが、それだけで
町山さんがラジオで公開前に興奮気味に喋っていた感じと、まるっきり私の印象がかけ離れている。
こりゃいかん。情報が足らないようだ。

一応、ネットに落ちている情報をいくつか読んでみた。なるほど、と納得したところもある。

これは、佐村河内氏の見てもらいたい自己イメージに100%寄り添った体のドキュメンタリーなのだろう。

確かに我々が普通に考えたら、一番興味があるのは奥さんですよ。でも、奥さんの感情的なリアクションを見れる場面は断片的で、だからあの曲で聴いている奥さんの方を大フィーチャーしていたのか。と一個謎がとけた。

でも町山さんの興奮までは理解が全然届いていない。

もう、お手上げです
町山さんのMP3映画評を買うしかありません笑

そんなわけで、この映画。
素で観ても、筋が一応通っていて理解は出来る。
でも、実際の顛末を知っている人とでは観ている場所が全然違う。
ちゃんと楽しみたい人は関係者の著書など目を通してからの方がいいです。











posted by となーす at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント