音楽ダウンロード

2017年06月11日

PK

これはほんまもんの大衆娯楽映画。
大衆の1番の関心事をモチーフに選んで正しくエンタメとしてまとめ上げて見事です。
しかも

こりゃー多神教の時代は終わるな。笑
という痛快にして映画史的にも世界史的にも決定的な傑作だと思う。

個人的には大好きな映画は他にもあるし、それぞれに思い入れはあるが、
これから生まれてくる子供たちが最初に出会う映画は、他でもないこの映画であって欲しい。

まだ観てないが今年は「メッセージ」やら「正解するカド」など宇宙人コンタクトものが多いが、この作品の世界的なヒットの影響下にあるのだろう。
しかし、この作品はそれら宇宙人映画のすでにして決定版で、今作を最後まで観れば結論まで到達しちゃっている。
そう、私たちが宇宙人である、と言っちゃっているのである。私は今作のラストをそう観た。

この映画は見た目以上に隅々まで目配りの出来た作品なので、主人公の宇宙人を美形にしたりしない。
どっちかというと小汚い風貌にしている。
(留置所のシーンで海苔のようなものをクチャクチャ食べているサマの小汚いこと!笑)
要するにこの小汚い宇宙人は最後までカリスマやヒーローにならない。

誰かをヒーローにする時代は終わった、預言者はいらない。
そういう現代を象徴する作品なんであーる。

















posted by となーす at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他外国映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント