音楽ダウンロード

2017年06月15日

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

何でしょうか、この生真面目な映画は。
一応シリーズは全て観ているので今作も、という以上の理由もなく、見始めた。
さすがにスターウォーズ特有のルックは観る者をワクワクさせる力がある。
スターウォーズらしい美術を観ているだけでしばらくは楽しめる。

しかし長すぎる戦闘シーンでだいぶ眠気を誘われるし、ドラマは古臭いし、で楽しめるのは最終的にピーターカッシングのシーンに代表されるようなファンサービスだけだった。
今作を観て改めて思ったのは、戦争映画が完全に今の時代に合っていない、ということ。
スターウォーズ7の脚本家はそれがよく分かっているので、あれは冒険活劇として作られている。今作は完全に戦争映画。
戦争映画をガッツリ見せられても、ファンタジー世界が土台なので、どういう感情で観ればいいのか、分からなくなる。

スターウォーズの4や5もそれなりに戦闘シーンが長いが、あの時代にはあんな映像は他では観れなかったからこそ成立したのであって、今作と条件が同じではない。

シリーズが再開して2本目だが、同時代感の薄い仕上がりで、なんとも先行きが不安な感じだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント