音楽ダウンロード

2017年06月18日

ロッキー2

何十年ぶりかで2回目の鑑賞。
モチベーション不足、という問題をじつに丹念に描いて見応えがある。
一作目の試合で燃え尽き症候群に落ち入ったロッキーをあの手この手でリングに引きずり出そうとする物語。

公開当時は安易な続編、という捉えられかたをしたが、主人公が再戦で勝つか負けるか、というのはだいぶ大きな賭けだっただろうと思う。
監督を兼任したのも、そのリスクを背負ってのことだと思う。
結果的に批評家筋から支持は得られなかったが、今観ると、映画は観客に奉仕する、の哲学が最初から最後まで揺るぎなく、シルベスターの作品群またはロッキーシリーズの中でも「ファイナル」と並ぶ傑作だった。

前作のヒットを受けて予算も跳ね上がっているはずだが、どこに金をかけたか、観ていると主に2点、前作よりあきらかに金のかかった箇所があった。試合会場のエキストラ、それとランニングシーンでロッキーの後ろから追いかけて走ってくる子供たち。これが信じられないくらい多い。

この映画自体が観客へのプレゼント、という姿勢を明確に打ち出している。
これが「ファイナル」で後年踏襲されたわけだ。

大ヒット作の後に続編が作られるのは映画ビジネスだから当然だが、初監督の続編でこれに辿り着いているのがこの人の才能で、長いキャリアの中で紆余曲折はあっても今でも彼の作品群の変わらぬ本質だ。

気になったのはスローモーション撮影が試合場面で多用されていたこと。シリーズを通じて初めてだし、突然ゆっくり画面が動くのはかなり違和感がある。

さて、アマゾンプライムにはシリーズ全作入っているので、次は3を投稿します。















posted by となーす at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント