音楽ダウンロード

2017年06月19日

ロッキー3

一転して内省的な映画になったなぁ。
戦うテーマが個人的になって、替わりに背景が派手もしくはチャラくなっている。
前2作とは見た目をガラリと変えてきた。

前半のハルクホーガンとの試合など茶番もいいとこなんだが、上手く物語として機能しているし、脚本もコンパクトにまとまっているし、気楽に観れる感じは悪くない。

試合シーンは前作より上手くなっている。

今回もモチベーションを失い、ロッキーはダラダラする。
ダラダラするシルベスターに羽佐間道夫は特にハマる。逆に試合中のロッキーの声には全然合わないのだが。シルベスターの高テンションの芝居と羽佐間さんの声とは食い合わせが悪いのだ。

特に今作の場合、ミッキーが死ぬ、という感情的にはシリーズ随一の事件が起こる。
このシーン、羽佐間さんの吹き替え、苦労の跡が見えて大変興味深かった。

実は今作はモチベーションを回復する場面がよく出来ている。
エイドリアーンとの会話だけで、ワンシーンで回復する。お手軽な感じなのだが、説得力がちゃんとある。
シリーズはこの後、この、エイドリアーンのセリフ一発注入→覚醒、のパターンが増えるのだが、毎回ここは結構いいセリフが多い。シルベスターのダイアローグ力(りょく)は高いのである。


さて、ここまで来てロッキーマラソンを継続するかどうか迷っている。
4と5の山は高いなあ。


posted by となーす at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント