音楽ダウンロード

2017年06月22日

アルカトラズからの脱出

netflixに入っていたのでつい、クリックしちまった。
クリックしちまったら最後、もう途中でやめられない。
これはそういう映画。
これまで何度も観ているのに、ストーリーも全部分かっているのに、だ。

とにかく刑務所に入るところから始まって出て行くまでの話、なのだが、なにも脱線せずに一直線に進んで行く。
動機が、とかそんなもの何も描かれない。

場面全てが、2つの相反するものの緊張関係でまとめられている。看守と囚人、夜と昼からはじまり、
2つのうちひとつは囮、とか。

ドンシーゲルのことはあまり詳しくないが、他の作品もそうなのだろう。
他の作品も観て確かめたくなった。






posted by となーす at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント