音楽ダウンロード

2017年06月26日

SCOOP

観始めてしばらくして、福山雅治ありき、の企画か、と気付いた。
現実はどうか知らないが、福山の別な一面を引き出す、がこの映画のメインの役割のようだ。

その大命題のせいかどうかわからないが
どことなく古い。とくにセリフが。
しばらく観ていて気付いたのだが、昔の東映セントラルぽい、か、Vシネマの初期のころぽい。

観ていくほどにこれは今、需要ねえだろ、と感じてしまう。


初期のVシネマって顧客はほぼ男だったからね、って今もそうか。
その世界観に福山雅治とリリーフランキーの二人の食い合わせが悪すぎて笑ってしまった。

この監督さんは今いろんなスタイルを試している過程にいるようで、面白くハマった作品とハマり切らないやつとが交互に出てきている感じ。

というわけでこれも途中でギブアップしました。

posted by となーす at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめしない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント