音楽ダウンロード

2016年12月28日

となーすの2016年ベスト

最初に申し上げるけど、ベストを選ぶにあたって、記事に取り上げていない作品も挙げています。


1、この世界の片隅に
2、コップ・カー
3、死霊館 エンフィールド事件
4、ヒメアノ〜ル
5、君の名は


今年最大の事件は『君の名は』大大ヒット、であることは誰もが認めるところで、『君の名は』がなければ『この世界の片隅に』のヒットもなかった、『君の名は』はテレビから観客を引き剥がして映画の興行に大動員した、これは快挙と言わずしてなんだろう。
こういう作品に完成度がどうの、言ってる方が馬鹿っぽい。“興行”として優れていたのだ。
今の大衆が欲しているものが“赤い糸”である、と見つけたことが凄いのだ。

私の一番のお気に入りワンはいつも通り、死霊館一作目と描いているメッセージはまるで変わらない、ブレがない。記事として作品の感想を書かなかったのは、彼の映画に作品別の個性はあまりないからだ。ワン映画を観に行く。今回も暖かく泣かされた。それだけ。それだけで最高の評価だ。
次回作はDCコミックの映画化だそうだが、これまで通りのワンであってくれれば何でもいい。

『コップ・カー』には、道徳の教科書に使えそうなほど、寓話な佇まいがある。そこが素晴らしい。
イソップ童話とか日本昔ばなしと、パルプフィクションの見事な融合と言おうか。

同じような風合いは『ヒメアノ〜ル』のラストにもある。ラストにだけ、というのがまたこの作品の凄みでもあった。

『この世界の片隅に』は観た人の心に社会への積極的参加を促す。ある人はこの作品を他人にも観るよう勧める、ある人は政治的活動に目覚める。
映画を観たあとは、観る前の自分にはもう戻れない、という類の作品で、この先の映画群に大きな影響を与え続けるだろう。
生涯のベスト、として挙げるひとがこの先何人も現れる作品をリアルタイムで観ないことほど愚かなことはない。







posted by となーす at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

となーす的2015年ベスト

あんまり映画を観てないけど
今年は映画にとって記憶に残る年だったと思う

タランティーノのおかげでここ数年は映画が臆面もないオマージュやら引用で汚れに汚れていた、と思う


1.マッドマックス 怒りのデスロード
2.ソロモンの偽証 前編
3.ワイルドスピード SKYMISSON
4.ワイルドカード

3の大ヒットがやはり嬉しい
この実績で次作は何か特別な映画を作って欲しい
ワンの新作を追うのが私の一番の楽しみだ。
彼の映画はどれも、映画は映画、一番大事なのは映画館を出た後にある、というブレないメッセージを持っている。

マッドマックスは今年だれもが認めるブッチギリ一位

4はウィリアムゴールドマンやはりすげえ、ってやつ
スターウオーズ7のローレンスカスダンもすげえ、なのだが、いまの働き盛りの脚本家はみんな連続ドラマに流れているのだろうか、2世代前くらいのベテランが引っ張り出されてしかもすげえ仕事をしている

2位のソロモンの偽証、上半期でブッチギリだった、前編は。
後編でミソがついたけど、桐島部活、なんかベストに入れるくらいならこっちを一年のベストに堂々と入れたい


posted by となーす at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

2014年ベストテンはできません(笑)

改めまして
明けましておめでとうございます

こんなブログ定期的に書いてもいないし
読者がいるとも思えませんが
観た映画を備忘録的に感想を書いて残しておく、ということは止められず8年くらいこのブログ続いてます

で、2014年をまとめますと
目立った傑作ってなかったんじゃないでしょうか
もちろん観た作品数が他のブロガーや評者さんたちに比べて圧倒的に少ないのは認めますが
「これは観たい!」と思わせる作品がとにかくなかった

公開年は前年だけれど「永遠の0」が去年観た映画ではぶっちぎり一位です
この作品が興行面で大成功した、という事実ほど健全なものはないと思います

ストーリーが映像で語られ、それを観客として観る、という受け身の時間を以前ほど豊かに思えなくなっているのも否めません

まあ、今後の映画とのつきあい方としては
とにかく評価の高い映画をタイムラグを置いて上澄みだけ掬って観る、という今まで通りのスタイルをつらぬくしかねーかな、と
posted by となーす at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

となーす!からの2013年映画ベストテン

今年は映画が面白かった
なんかもっともっといろんな実験をスクリーンで見てみたい
そう思わせる年でした

映画の歴史の新たな1ページが開かれる予感?
にワクワクさせられる1年
来年以降、今までになかったような斬新なアイディアで映画が作られるようになると思います

まだまだ
昔の映画の記憶に縛られちゃってる作り手と
これはこのやり方でいいんだ!と振り切っちゃってる作り手とが
混在している状況ではあるし
数としては前者の映画が圧倒的ではあるのだけれども

明らかに流れは変わりつつあります




さて
誰からも注目されてないけど

となーす!からの2013年映画ベストテン

1、R100
2、横道世之介
3、パシフィック・リム
4、死霊館
5、世界にひとつのプレイブック
6、クラウド アトラス
以下同順
最下位「ー立ちぬ」「ーの物語」


すみません10本埋められませんでした(笑)




まず、やっぱり
最後にもう一度触れたいのは1位「R100」のこと
この映画の世評があまりに悪すぎる

よって
どうしてもこのブログでは「R100」を激推ししておきたい

人を支配したりされたりという関係性を
性的快楽のイメージとして定着させたまま、戦争を想起させる後半へ続くあの流れは
結果、戦争を今までにない切り口で定義してみせた
なおかつこの人は性的快楽に耽溺する人を断罪しない

想像力とイメージだけで辿り着かせるという驚異的なやり方といい、
この現代にあって見事に歴史から忘れ去られた、
彼より上の世代の名も知らぬ大衆の内面の葛藤へ想像力で観客ごとたどりつかせようなど
他の作家では思いもつかない野心だ


「さや侍」と同様、技術面ではなく、志において、この人の映画は他の映画を圧倒している


「R100」が日本の観客に愛されないのは、観客がエンターテイメントを自分たちに向けられた「おもてなし」と定義しているからにほかならない
日本では受けず海外で評価されるのは上のような理由からで、劇中、自作のコント「寿司」を何の工夫もなく引用しているから、などでは断じてない

まーとにかく
なんにせよこれで終わって欲しくない
次作の公開を心の底から待ち望んでおります



「R100」を絶賛する私は当然のことながら今年公開のジ※リ2作品など下の下の評価だ
2本とも見終わって何も残らないことこの上ない。
一本は反戦やら世界平和やらより自分の救済を優先させる人格をさらけ出し、死んだ人の人生を勝手に書き換えて実名で登場させるというデリカシーゼロの老人のズリネタ、もう一本は「美少女の葛藤」という古臭い題材を15年も使って手作業で名作げに仕立て上げた凡作だ。
両者に共通するのは単純に身も蓋もない老作家の性欲のありか。
それを見せられるだけの映像体験でしかないこと。
この二つの作品は当初本人たちが乗り気でなかった、というのも共通していて、
某プロデューサーにケツを叩かれて作らされて、といった経緯を考えると本人たちに罪は全くないのかもしれません。社会の不条理と戦う、といったテーマで作品を最後まで作り上げるにはご高齢すぎる。
いきおい自分たちの一番興味のあることを追っかけるしかなかったのだろう。
そういう作品になってました
けど、一言言わせていただけるなら、例えば、ジョンヒューストン「ザ・デッド」のような、優しーい映画を期待してたんですよ。生きとし生けるものすべての上に優しく降り積もる雪のような・・・


2位の「横道世之介」も何故2位か、上の文章でなんとなくわかってもらえるでしょ?
この2本が圧勝なんですよね

あと「ばしゃ馬さんとビッグマウス」を観てたら、3位になったかもしれない
DVDで「さんかく」は見たのでなんとなく想像で3位かなって

3位、「パシフィック・リム」映画はエンターテイメントなどと思っている人も映画は友達からの手紙みたいなものなどと思ってる人も映画を観るならとにかく「すっげーもん観てえ!」と思ってる人も大満足という稀有な作品。

4位、「死霊館」我が最愛の作家の一人ジェームス・ワン。何を作っても人となりが伝わってくる。
「キャビン」も見たけどとなーす!にはピンときませんでした

5位、「世界にひとつのプレイブック」ロバート・デ・ニーロが最近では最も輝いていたのが嬉しく、オチがなんとも素敵な良品
アメリカ映画ばんざい!

6位、「クラウドアトラス」世界の“今この瞬間起こっていること”をまるごと捉えようとした野心作でライブ感が半端ない。
今この世界に生きていることの臨場感を描写すること、に対して採用したのが時空を超えて同時進行する物語。
これを観ている私たち観客が生きているこの瞬間のライブ感をその結果得られるのは何故なの?
という一体どんな三段論法でたどり着くのか常人では思いもつかない作品




以上

なんかこうして並べると
他の媒体で挙げられているベストテンと違った
となーす!好みな作品が選出できた感じでなんか嬉しいですね


今年は楽しめました!
映画、ありがとう!






ラベル:「R100」激推し
posted by となーす at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

今年ももうあとわずかですね

今年ももうあとわずかですね
今年は結構、映画館で映画を観に行った、行けた年です

ただ、ブログを更新してなかっただけで
記事としてアップしてないけど「風立ちぬ」や「モンスターズユニバーシティ」とか
劇場に行って観てます

最近は、映画が明らかに供給過多なので観客側に観る基準がないと
はっきり言って付き合いきれない、と思っています

実際、映画館に行くと閑古鳥なことが多く
映画館に行って満員のお客さんと同じ映画を楽しむと言った体験ができる作品はもう「エヴァ」くらいじゃないでしょうか
1800円の一般料金はほかのイベントなどと比べ、明らかに割安なのに
満足度において値段に見合うものが少ない

今年ブログでアップした作品は概ね見る前に厳選して
値段に見合った作品になっているだろうと予測し絞った結果、
観て、さらに料金に見合う満足度を提供してくれた作品だけ、と言っていいかもしれません

だから例えばよくある2013年ベストテンなど選ぶとしたら
今年はえーと、1、2、・・4本か
今年書いた記事の作品が1から4位、あとは「風立ちぬ」などの作品群から一番背の高いどんぐりを選ぶ作業になるでしょう

わたしは以前、イーストウッド作「チェンジリング」の評のなかで、
映画の歴史がこの作品を最後に永遠に幕を閉じたらどんなに美しいことか。と書いたが
今年を振り返っても、その表現に間違いはなかったとの意を強くしている
観客の日常生活における映画の立ち位置はどんどん小さくなって行く趨勢は止めようがなく
また、映画との付き合い方も年を追うごとに変わっていくのだろう

また、作り手の側も、明らかに供給過多の現状で不良債権化する映画を大量に放出し続けるのではなく
一本一本が低予算でブロマガのような公開のされ方をすることでリスクを限りなく減らした作品が現れるのではないでしょうか

今年観た中でダントツだったのは「死霊館」「R100」の2作品だが、
両者に共通するのはモチーフを何にするかはすでに問題ではない、というところで
さらに言うと作り手の自我が究極的に少ない。
やさしい視線が自分へではなく他者に向けられている点にある
それも弱者に、自己評価の低い人たちに

映画の機能、を考えると、このような作り手こそ王道、というのが私の見解で
「風立ちぬ」と観客の関係はどうにも不健全な気がしてしょうがない


今年はおそらくあと一本、同じジブリの「かぐや姫」を観に行く予定です
posted by となーす at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

「メカニック」がリメイクされた、ということは?

あの「メカニック」がリメイクされていた。
http://mechanic-movie.jp/

リメイク版はたぶん観ないだろうが
これをきっかけにブロンソン版の「メカニック」がDVD化されるのならうれしい。
是非購入したいと思っている



ブロンソン版の「メカニック」というのは
私くらいの年代で映画ファンを自称する人なら、おそらくだれもが好きな映画だと思う。
私は「月曜ロードショー」で見た




前回このブログで取り上げた「告白」のラストで真っ先に思い浮かべたのは、
この「メカニック」のラストシーンだった。

原作を読んだ時、「お!この人、『メカニック』好きだな」と思ったものだ



トラウマのように心に残る鮮烈なラストシーンと
そこに向けて淡々と綴られていくドラマは
当時少年だった私の眼には「なるほど、これが大人の世界か」と。




いまのように
子供みたいなおっさんがいい給料を取って若づくりに金をかける時代と違い、
当時は、黙って仕事を遂行する“職人”がかっこいい大人であったのだ

もうそんな時代はやってこないだろう



しかし、まあ、実際やってきても困る(笑)
アホな職人かたぎくらい、話してて、いらつく相手もいないからだ
(職人=アホと言ってるわけじゃありませんよ)



黙って仕事を遂行する“職人”が
世界で一番よく似合い、絵になるのは
これまでも、そしてこれからも
ブロンソンただ一人でほかにそんな男は存在しないし、したことがない、と言いたいだけだ




しかし、

じゃあ


いま、一番、“かっこいい大人”ってどういう人なんだろう。



“今、日本で一番かっこいい男の総選挙”
みたいなものがあったら、

もしくは
そんなアンケートが自分の元に回ってきたなら



私は誰に一票入れるだろうか



そうだな
オリエンタルラジオの藤森じゃないか?


posted by となーす at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

松本人志「さや侍」はたぶん傑作だ

このブログも長い間放置してきたので
アクセスも1日に一ケタ代まで落ちた。

実際、観たい映画、というのが、ない、というのが正直なところで
イーストウッドの「ヒアアフター」を見たのを最後にぱったり映画を見ていない

映画をみて、あれはいいけど、これは駄目だね、などと言うことが全く不毛であることに気付いた、という部分もある

そんな現在のわたしだが、
映画のポスターを観て、これは観たい!と膝を打ったのが
この松本人志第3作「さや侍」だ

結論から言って
これは大変な傑作になるのではないか、と思う

監督のインタビューなどをHPで読んでいる限り、映画で儲けようなどと言う不純な動機が全く感じられないのも好印象だし、
先般の大地震から日本人が「日本人頑張れ」的なムードになっているところへ持ってきて
彼は彼で、全くそこから離れた文脈で追いかけていた「日本人のメンタリティー」を自身の姿ではなく、全くの素人の姿を通して表現しようというのである、こりゃー観たいよ
http://www.sayazamurai.com/
こういうのがホントに観たいんです

現在作られている映画の99%は、
所詮は映画ヲタクががんばって作ったもの。

そういうヲタクがつくったものをわれわれ映画を製作出来ない人たちがああだこうだ言ってもしょうがないっしょ。そういう意味で不毛だと言っているのだが、

この映画は
本当に映画、というものの可能性に気付いた天才が
過去の映画にリスペクトなど一切持たず全く独自の視点から発想した作品だ
その矜持がポスターからビンビン伝わってくる

ブロガーたちの評価もいろいろ読んでみたけど
総じて「畑違い」だからもうやめちまえ的なのが多い

しかし私はこういうひとこそ映画を取る資格がある、と思う。


いやー興奮してます
たぶん今年観る映画はこれだけだろうなー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000005-cine-movi



posted by となーす at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

お前には、おれよりふさわしい人がきっといる

お前さー
こういうのとかどうなんだよ

おれ的には
お前が幸せになってくれたら
それが一番だと思ってる。
まぢでまぢで
 
パチンコ行ってくる 
ご飯いらないからな

posted by となーす at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

となーす音楽評「Soul’d Out Single Collection」


SOUL'dOUTの、これまでシングルで発売された曲を収録したアルバム
特典DVDに収録されたPVのリストは次のとおり


続きを読む
posted by となーす at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

来た!SOUL'dOUTの新曲

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/SouldOut/info/index.html
2/27の新情報

SOUL'dOUTさんが「ジョジョの奇妙な冒険」の映画版の主題歌を担当するらしい。
劇場公開に合わせてニューシングルも発売
すごくなーい? これ?

しかもストーリーを見るとジョナサンジョースター主人公だから、連載開始のころのエピソードの映画化だ。
じつはとなーすにとって、この最初の頃の「ジョジョ」は大変思い入れのある作品です。

となーすが荒木飛呂彦の漫画「魔少年ビーティー」でファンになったのが中三か高一の時だから、もう20年以上経つ。
「ジョジョ」の前の連載作品だ。



続きを読む
ラベル:SOUL'dOUT
posted by となーす at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

こんな質問は、いくらやさしいおれでもさすがにねえ

ヒサシブリッス。いつも見てます。トラックバックの意味がワカリマセン教えてください
Posted by ボンバーまん at 2006年12月26日 19:32

ボンバーまんくん
君な、せめて「戦場のメリークリスマス」についての質問を書け。
となーすは、お客様サービスセンターじゃねえってのー

“トラックバック”?
ああ、あれね
トラックが走ってくるよな?
車庫に入れるとき、ー旦、車庫を通り過ぎてから、バックして後ろから入れるときあるだろう?
あれを
トラックバックっていうんだよ。
わかったか?

それと君、おれには昭雄っていう弟はいねえ。
昭雄って誰だよ?

いつも見てます、じゃ、ねえだろ。お前(笑)
いつも見てますっていやーよろこぶと思いやがって

いつも見てます、の割には、ヒサシブリってのもおかしいだろ(笑)

posted by となーす at 02:55| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

こんな質問もありっちゃーあり2

ピーチさんからの質問
「となーすさんが今までで一番泣けた映画はなんですか?ちなみに私はライフ・イズ・ビューティフルです」
いつも「となーす」を読んでいただきありがとうございます。

続きを読む
posted by となーす at 03:41| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

おれ 悩みがあるんだ

posted by となーす at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

こんな質問もありっちゃーあり

SOLDOUTのおすすめアルバムと曲を教えて欲しいっス!おねがいっす。
Posted by ボンバーまん at 2006年11月30日 10:43

ボンバーまんさん

おすすめは3rdアルバム”ALIVE”ですが、基本的にすべてリアルタイムで追っかけるのが SOLDOUTファンの流儀

最新曲StarlightDestinyを、せめて100回は口ずさんで、
いま(現代)を感じることができたなら

前作TOKYO通信に取り掛かりましょう
疑問は解けましたか?
posted by となーす at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

Soul’d Out Single Collection

お前さーいい加減時間守れよ
何度言ったらわかるんだよ
お前のこと好きだから言ってんだよ
はいこれ
クリスマスプレゼント

おい 何すんだよ 放るんじゃねえよ
すげえ悩んで選んだんだぞ
いくらすると思ってんだよ



そうそう!こう言うのが欲しかったの!
やだー てふ欲しいーいー↑

まぢで?
posted by となーす at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

親父へ

akasaka.jpg
posted by となーす at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親父へ

これが赤坂見附の交差点からみた
東京の夕焼けだ
お前20年前ここに立って
何を考えた?
おれは今女房とこれから生まれてくる娘の将来のことを考えている
おれと
おなじか?

株式会社国泰キャピタル
posted by となーす at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

Starlight Destinyが発売されてひと月半

"うるぐす”でおなじみ、Starlight Destinyが発売されてひと月半経ちました。
世間の認知度の上がり方が最近のSOUL’d OUT新曲の中では一番高い気がします。
わたくしはこう見えてSOUL’d OUTファン歴2年半。すでにカラオケで4.5回歌って(場所スナック)、浸透度を計測した結果ですので、かなり信憑性高いと思います。
この、”世間浸透率チェック”で、過去の曲をランキングすると、1.ウェカヒホ 2、...
つづく











posted by となーす at 10:23| Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント