音楽ダウンロード

2017年01月24日

ハドソン川の奇跡

すごく何年ぶりかで新文芸坐に行った
『ハドソン川の奇跡』と『トランボ』の2本立て興行。
2本立て興行そのものもだいぶ久しぶりだ。
昔の文芸座で観た『ミッドナイトラン』とか忘れられない。

さて『ハドソン川の奇跡』だが、クリスマスシーズンとかに夫婦で観るには最高!という感じの軽さが実に良かった。

実際、前半でトムハンクス演じる主人公が見る幻影などに首を傾げる部分もなくはないのだが、映画全体を覆った軽さが、深く追求する気にさせない。

特にいいのは話の締め括りで、割とどんな職業にもありがちな“そんなに言うならお前がやれ”的な、話に着地するところ。
大きな事件を小さく着地させてシルバー世代から若者まで共感させる、映画自体のセンスがいい、としか言いようがない


2本立て興行でこれの後に観たのが『トランボ』で、これは最初の20分くらい観たところで退席した。
『トランボ』には悪いがイーストウッド映画の後だとだいぶ見劣りする。主演男優に賞を取らせたいための企画なんだかわからないが、1940年代の実在のスターを登場させておきながら、演じる俳優たちに愛情がない。ジョン・ウェインより、『ブレイキングバッド』の主演男優の方が現代では有名なんだろうか?

ま、そのうちアマゾンプライムとかで続きを観るかもしれないけど、今のところ、この映画の続きは全く気にならない。

そんなわけで久しぶりの2本立て興行を堪能致しました笑






posted by となーす at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クリント・イーストウッド作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

ドント・ブリーズ

経済が崩壊したデトロイトに住む若者たちが、盲目の退役軍人の家に強盗に入る話。

新年あけましておめでとうございます
年明け一発目は、公開館数が少ないのに連日満席で昨年観に行けなかった、今作を元旦に観に行きました。

このブログはすでに観た人向けです。
ネタばれにうるさい方に向けて書いておりませんので、よろしくね笑

主人公の女の子も、悪役となる退役軍人も
世の中が不公平だ、と感じている。
その二人が対決する物語の構図は素晴らしいのだが、結構前半で退役軍人の嗅覚の設定が曖昧なのが気になってのめり込めなかった。
女の子があんなに近くにいたら香水の匂いで気づくだろ、と思ってたら、割りとすぐ後に靴の匂いに気づいて、一箇所にまとめて脱いである靴の数で族の人数を軍人が知るシーンがある。
鼻をティッシュでひとかみしてからクンクンやる、とか笑、ひと芝居あったら良かった。

デトロイトと言えば近作でイーストウッドの『グラントリノ』がある、あの作品でイーストウッドは退役軍人ではないが、ジジイと若者たちと言う意味で、今作と似た構図を持っている。
だから、物語の前段で強盗たちより軍人に共感する向きも観客の年齢によってはあるだろう。
どちらに“理”があるか、のシーソーが今作の前半にはあって、そこが堪らなく面白かったのだが
その均衡が中盤崩れて、退役軍人は明らかな“悪役”になってしまう。

黒澤清の『クリーピー』と似たガッカリ感。物語の風呂敷を畳むためにジャンル映画の様式を纏う。その懐事情が読めてしまった。
最後までサスペンスで行ってほしかった。
このブログで以前紹介した『不意打ち』とか。

でも、あそこは良かった笑
レイプよりおぞましい、あれ。
あれは発明ですね



posted by となーす at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

となーすの2016年ベスト

最初に申し上げるけど、ベストを選ぶにあたって、記事に取り上げていない作品も挙げています。


1、この世界の片隅に
2、コップ・カー
3、死霊館 エンフィールド事件
4、ヒメアノ〜ル
5、君の名は


今年最大の事件は『君の名は』大大ヒット、であることは誰もが認めるところで、『君の名は』がなければ『この世界の片隅に』のヒットもなかった、『君の名は』はテレビから観客を引き剥がして映画の興行に大動員した、これは快挙と言わずしてなんだろう。
こういう作品に完成度がどうの、言ってる方が馬鹿っぽい。“興行”として優れていたのだ。
今の大衆が欲しているものが“赤い糸”である、と見つけたことが凄いのだ。

私の一番のお気に入りワンはいつも通り、死霊館一作目と描いているメッセージはまるで変わらない、ブレがない。記事として作品の感想を書かなかったのは、彼の映画に作品別の個性はあまりないからだ。ワン映画を観に行く。今回も暖かく泣かされた。それだけ。それだけで最高の評価だ。
次回作はDCコミックの映画化だそうだが、これまで通りのワンであってくれれば何でもいい。

『コップ・カー』には、道徳の教科書に使えそうなほど、寓話な佇まいがある。そこが素晴らしい。
イソップ童話とか日本昔ばなしと、パルプフィクションの見事な融合と言おうか。

同じような風合いは『ヒメアノ〜ル』のラストにもある。ラストにだけ、というのがまたこの作品の凄みでもあった。

『この世界の片隅に』は観た人の心に社会への積極的参加を促す。ある人はこの作品を他人にも観るよう勧める、ある人は政治的活動に目覚める。
映画を観たあとは、観る前の自分にはもう戻れない、という類の作品で、この先の映画群に大きな影響を与え続けるだろう。
生涯のベスト、として挙げるひとがこの先何人も現れる作品をリアルタイムで観ないことほど愚かなことはない。







posted by となーす at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ヒメアノ〜ル

久々の更新です
格差社会の負の部分を体現した殺人鬼を演じる森田剛が素晴らしい。

以下ネタバレ



文字で読むと、何というベタな締めくくり!なラストなのだが、セリフはベタなのに森田剛の役の人物への愛情が感じられて不覚にも泣かされてしまった。
こういうのを豊かな芝居と、いう。

今年はいい映画がいっぱいあったんだねー

posted by となーす at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

Zアイランド

netflixで観ました
明け方からぼんやり見始めたのに、結果、最後まで観るのをやめられなかった笑

いやいや、おもしろかったすよ
『アイアムアヒーロー』の100倍はおもしろかったす

これだからネットの感想は当てになんねー笑

ここからネタバレありまくり。

ラストがいい。
漁船から大音量で流れてくる湘南の風の曲に向かってゾンビが海に飛び込む
これ、最高に皮肉が決まってんじゃん笑
『ショーンオブザデッド』以来の会心のオチじゃないすか笑

ゾンビ映画が意外なことに品川のパーソナリティと相性がバッチリで実に味わい深い一作になっていた。
芸能人生において、完全に息の根が止まったかと思われたタレントに復活されて寝首をかかれる、とか、モブに襲いかかられる、とか、ゾンビ映画にたとえられるような思いをしたのかもしれない、そういう実感が薄ーく乗っている。

確かに出来の悪いコントまがいのシーンはある。
なかでも、あの、悪評高い、電話のシーンなどはネットでの評判通りのひどさで、観ているこちらの方が恥ずかしくなってくるほどだが、
しかし、特筆すべきは、俳優たちの楽しげな演技で、品川ヒロシは俳優たちになにをやらせると輝くか、研究しているのがよくわかる。
こういう映画監督は俳優から愛されるものだ。
毎シーン毎シーンいちいち細かいセリフギャグが入るのもノイズっちゃーノイズだが、俳優たちと品川のじゃれ合いだと割り切って観ればいいだろ。



“ゾンビ”という呼称を使うか使わないかなど、観る側からすると割りとどうでもいい話なのに、生真面目にリアリティに沿おうとして、こだわって逆に見苦しくなっている。もう一人手練れのシナリオライターがいて、リライトするなどすれば良かった。


脚本を誰かと共同で書き、もう少し叩いてから撮影に入ってくれたら、信頼に足るフィルムメーカーにこの人はなる、と思う。

鶴見辰吾の家族の顛末は、お世辞抜きに素晴らしかった。多いに泣かされましたよ。
回想シーンでの子役が実にいい表情だったし。

品川ヒロシが憧れるタランティーノには、私はいい加減愛想が尽きてるが、品川ヒロシの映画は伸び代がまだまだある。
子役の演出の上手さなど片鱗はそこここに見えているじゃないすか。

子役を前面に押し出したエンターテイメントなど手掛けたら大化けするかも。


今後は擁護派に回らせていただく。




posted by となーす at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

君の名は

新宿バルト9で夜中の回を観てきました
携わっている人たちの思惑が結構バラバラな印象の作品で、そこが面白かった

以下ネタばれ含む

ラストは何で手のひらを見せ合わないのだろう?

キャラクターたちの芝居をつけている作家と映画全体を演出している作家と、両者の感動するポイントが違っているのでは?という思いが最後まで抜けなかった

男女の意識がすり代る、という設定。
これは少女の芝居を描く男性アニメーター自身の投影と見てとれる
聞くところによると、実際ジブリ出身の作画監督だという
そういう人の作品だからこそ、手のひらにマジックで何事かメッセージを書く、という一見ベタな演出にも、思いが乗ってこちらに迫ってくる
絵を描く人は手にいろんな記憶が宿っているのだ

見てると、男の子の主人公は大して活躍していなくて、新聞記事を読んだり、現場に足を運んだり、という“取材”レベルなのも面白い

この映画は誰もが思春期に大好きだった何かしらの記憶、について描いている、と思う、というか中盤までそういう風に思われた
だから、大好きなものの記憶がなくなりそうで涙を流して悶絶する主人公の姿に涙した、手のひらにマジックに描きかけって切なすぎる。

私にはこの場面が一番のクライマックスで残りはだいぶ長い蛇足だった

結論として、こういう、クリエイターたちが“思い”を乗せられる道具立てを揃えたストーリーだった、と言える

観る側としては、ジブリ作品で散々観せられてきたストーリーの反復で、後年相対化させられた後では、なぜあんなにヒットしたのだろう、と首を捻られる作品だと思う。
あなたとはどっかで会ったことがある、ってセリフは『千と千尋』でも聞いたし、『ハウル』でも聞いた。
だが観客はそれが好きなのである、結局。
そしてジブリ作品の少女が大好きなのである。


宮崎駿が引退した今、鈴木敏夫が言う“高そうな絵”を描く新海を駆り出して、宮崎アニメの新作を組み上げた、というザックリそういう作品だが、クリエイターたちが力を発揮するポイントを見誤らなかった。

プロデューサーの映画でした
お見事

観たばかりで支離滅裂です、すみません
後で書き直すかも、です
posted by となーす at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

ワールズエンド

エドガーライトおもしれーなー

観始めたら止まらなくなった

これまでこの人のファンでもなんでもなかったから、内容に対して知識ゼロで出会えたのが良かった

昔の悪友たちが里帰りしてパブを梯子する話
これくらいの知識で観るのが一番楽しめる笑

以下ネタばれ含む



中盤であっと驚く展開があるが、久々の故郷に足を踏み入れたときの誰もが抱く違和感、と実に上手く繋がっていて唸らされた。
ショーンオブザデッドの鮮やかな幕切れと違って、ちょっとくどい終わり方だったのだけが残念だったが、最後まで楽しく観れた。

くれぐれも前知識は入れないように笑


posted by となーす at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他外国映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポットライト 世紀のスクープ

マイケルキートンが素晴らしい。
長年同じ仕事に従事している人間特有の身軽な立ち振る舞い。彼の姿を観ているだけで豊かな時間を過ごせた気分になる。

今作の舞台になったボストンという街を描いた作品には他に『評決』がある。
内容的に類似するところがあり、合わせて観るのも面白いと思う


以下ネタばれ含む


5年前に誰かが意図的に記事を小さく書いたのでは?という謎がかなり最初の方から提示され、最後に明かされるが
この着地が素晴らしかった
テレビドラマ的な謎の提示だが、着地は映画、だった。

『アバウトタイム』のレイチェルマクアダムスも美しい。


posted by となーす at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

聲の形

漫画全巻をネットカフェで読破したあと
その足で一番早い回で映画版を観た
こんな経験初めてだが、夕方からのライブを観に名古屋まで遠征して、到着が朝の5時だったので、12時間近くをどう過ごすか考えた末だった

ネタばれありますので未見の方は読まないでね

私見では
この物語の最重要なキャラクターは
『うんこ頭』君なんだけど、原作のクライマックスに当たる、みんなで〇〇を作るエピソードがまるっとカットされ、と同時に彼の出番も減ってしまっていたのが残念だった


〇〇のエピソードは、総合芸術としての側面を生かして素晴らしかったし、
(原作で好きだったのは、普段謎めいた雰囲気のあのひとが、主人公が見たことのない表情を〇〇の中でだけ見せる場面。)
やはり、人間関係ででかくなった頭は具体的な活動を通して解消しないと。

登場人物たちが自分を発見するのと同時進行で癒し(ラスト)が訪れないと、どうも納得がいかない

それよりなにより気になったのは、長いセリフを観客に『聴かせる』技術が結構貧弱だったこと。
芝居が原作漫画に完全に負けている。
特に顕著だったのが遊園地のシーンで、重要なキャラクターたちのやり取りも、切れ目なく流れる遊園地の環境音がノイジーでセリフに集中出来ない

短いスカートから伸びた10代の女の子の脚のアップの画に長いセリフを被せる下衆い演出とか、もうそういうの辞めたら?笑
そういうのやってるのアニメだけだぞ笑

それから(映画版の)あのラスト、そんなにきれいに決まってるかなあ笑
どんなお話にでも当てはまるような雑な幕切れだと思う

というわけで、先に漫画を読んで正解でした。
割りと原作に忠実だから、映画を先に観てたら漫画は最後まで読まなかった、と思う

追記
相模原の事件がまだ記憶に新しいこの時期に公開したというところは、この映画の大きな功績と思う。それに言及しなかったのはあまりフェアじゃなかったですね。すみません

事件を踏まえるなら、この(映画版の)ラストの評価はまるで違ってくる。
そうですね、このラストは大アリです。






posted by となーす at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめしない) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

ももいろそらを

netflixにこの人の映画が2本ともラインナップに追加されたのでまだ観てなかった今作を。
とくにこの作品はtsutayaなどに置いてないので、購入するかしないか迷ってたところだったので助かった

『ぼんとリンちゃん』と同じく、アメリカンニューシネマの風合いで女子高生の日常を追った作品で、大変楽しめた

映画っていうのは、コミュニケーション能力の高い人の作品と低い人の作品とがあるなあ、と思う。映画に限らないが。
基本的にエンタメの多くは低い人のために作られるものがまだまだ多い。
まだ観てないけど今話題の『君の名は』なんてそうなんだと思う。

この映画はどちらかというとコミュ力が高めの人向け。
普通の映画だとカット割りでリズムの緩急をつけるところがこの作品だと会話のリズムがそのまま映画のリズムを作っている
要するに手がかかっている

最近の映画はどれも過去作のどれかに似ているものだが、それはカット割りなんじゃないか、とすら思う
しかしこの映画はセリフのリズムが主導権を握っていて、カメラ位置やカット割りはそれに準じているのでオリジナリティが結果立ち上がってくる

新聞のコラムを任された主人公がカメラ片手に町をうろつくが結局、なにも面白いトピックが見つからない、というシーンがあるが、映画のテーマを端的に示していて面白かった

『シンゴジラ』は芝居のリハーサルに時間をかけられない有名俳優をとにかく通常の2倍3倍で喋らせて、カット割りでリズムを作っていた、それはそれで発明だがおかげで過去作のどれかに似ている、という印象からは逃れられなかった、ように思う

なにが言いたいかというと、有名俳優を制作費集めにしていると、映画はどんどん不自由になって面白くなくなるぞ、と。

ちなみに『ぼんリン』も再見しました。
改めて『スケアクロウ』だなー、と。
終盤の秋葉原の街を彷徨う主人公のシーンは、背景が70年代のニューヨークに見える



posted by となーす at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本映画(おすすめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント